行動できない時はハードルを下げれば全てうまくいく

⏱この記事は5分で読めます

こんにちは、高橋です。

今日は
「ハードルを下げることの重要性」
というタイトルで記事を書きます。

 

今回の内容を理解できれば、
行動力が格段に上がって、
色んなことに挑戦できるようになります。

 

僕もこの方法を、
ずっと使ってるおかげで、
毎日ネットビジネスに、
打ち込むことができています。

 

ネットビジネスでは行動力が、
死ぬほど重要なので、
行動できてしまえば、
正直成功したようなものです。

 

今回の内容をぜひマスターして、
ネットビジネスでも稼いでいきましょう。

 

 

行動できなくなったらとにかくハードルを下げる

 

僕がモチベーションを管理して、
毎日行動し続けられてる秘訣。

 

それは何かというと・・・・

 

”とにかくハードルを下げる”

 

ということです。

 

 

例えば、本を読む時は、

「とりあえず1ページ読む」

という感じで、
ハードルを下げます。

 

動画を撮る時も、

「とりあえず1分でいいから話すか」

と考えて動画を撮ります。

 

まあなんでこんなことを、
しているのかと言うと、

 

「ハードルを下げないと、
 行動できなくなるから」

です。

 

実際に、記事を書いていて、
行動できなくなった時が、
たくさんあったのです。

 

「毎日5記事書くぞ」と意気込んでいた僕

 

昔の僕はハードルを下げることを、
よしとしなかったので、

厳しいノロマを常に、
自分に課していました。

 

ネットビジネスを始めた当初は、
「絶対に稼いでやる!」と、
常に意気込んでいたので、

 

「今日は動画を20本撮るぞ!」

「今日は5記事書くぜ!」

 

こんな感じで常に自分を、
追い込みまくっていたんです。

 

辛くなろうものなら、

「とりあえずいいからやれ!」

「そんなんで成功すると、
 思ってんのコラァ」

 

と完全にスパルタで、
極限まで自分を追い込みます。

 

 

もちろん、ゴールから逆算して、
自分を追い込んでいくことは、
目標を達成する上で絶対に必要です。

 

ですが、毎日毎日厳しいノロマを、
こなすのは流石に大変です。

 

僕は、3日、5日と、
厳しいノロマを、
こなしていきました。

 

「よっしゃ今日も5記事書いたぞ」

と死にそうになりながら、
フラフラしたまま、
布団に入り朝まで寝落ち。

 

なんてことがよくありました。

 

 

ですが・・・・・

 

そううまくはいきませんでした。

 

 

追い込みすぎて完全に無気力状態

 

「毎日動画を20本撮る」

「毎日5記事書く」

 

これを続けていた僕ですが、
ある日ふと思いました。

 

「今日も5記事かあ・・・」

 

「めんどくせえええええええええ」

 

 

そう、ずーっと厳しいノロマを、
自分に課していたせいで、
急激にめんどくさくなったのです。

 

そりゃ5記事書けば、
今までより成長できるのは、
わかるけどさあ・・・

 

毎日5記事も書き続けるの、
だるいよおおおおおおお

 

僕はこんな感じで、
記事を書くことが、
めんどくさくなってしまいました。

 

 

そのため、いざ記事を書こうと、
パソコンに向かっても、

いまいちやる気が出ず、
結局ネットサーフィンをして終了。

という日が続きました。

 

「今日も5記事書かなければならない」

 

そのプレッシャーが僕のモチベを、
完全に奪い去っていたのです。

 

いざ記事を書き始めたとしても、
「あと4つも書くの???」
という感じで萎えまくり。

 

結局、僕が当初立てていた、
「毎日5記事書く」という計画は、
見事にたった5日で崩れ去りました。

 

また、崩れ去っただけなら、
よかったのですが、
それだけではありませんでした。

 

5記事書けなかった自分に対して、
罪悪感を抱くように、
なってしまったのです。

 

「ああ・・なんで俺はできなかったんだ」

 

という感じに。

 

これはもうやばい状態です。

完全にモチベも無くなって、
行動できなくなっていました。

 

とにかくハードルを下げたら行動できた

 

「このままじゃヤバい・・」

そうは思うものの、
なかなか行動できない。

 

そんな日が続きました。

 

ですが僕はその時に、
あることをやっただけで、
すぐに行動できるようになったのです。

 

そのあることとは何かというと、

 

「とにかくハードルを下げる」
ということです。

とにかくハードルを下げる。

 

実際に師匠の動画を何度も見直してると、

「行動できない時は、
 とにかくハードルを下げる」

ということが話されてました。

 

 

それを見た僕は・・

 

「あれ・・・・?」

 

「今の自分に足りないのこれじゃね?」

 

と思うようになりました。

 

 

「絶対に5記事書こう」と、
思っていたから自分の行動の、
ハードルが高くなってるんじゃ???

 

僕はそのような疑問を、
感じていたのです。

 

そう思った僕は、
とにかくハードルを下げることを、
徹底的に行いました。

 

例えば記事を書く際は、

「10分以内に記事を完成させる」

ということです。

 

 

 

最初僕はこれをやる前は、
「こんなことして意味あんのかなw」
とめちゃくちゃ疑問だったのでした。

 

というのは、
「10分で書ける記事なんて、
 たかが知れてるだろw」
と思っていたからです。

 

でも、いざやってみると、
めちゃちゃ効果的でした。

 

「10分以内に、
 書き上げなきゃいけない」

 

そう思うと、細かいところを、
いちいち気にしてる暇はありません。

 

「とりあえず書く」
という状態になります。

 

で、あっという間に1記事完成です。

 

 

あれーーーー。

 

記事できちゃったよ・・・

 

 

という感じでした。

 

今まで全く1記事書けなかったのに、
10分以内という縛りを入れたら、
1記事書けるようになった。

 

「ハードル下げるって、
 最高だなこれ・・」

 

ハードルを下げることの、
味をしめた僕はこれを、
使いまくりました。

 

例えば多くの人が壁を感じる、
動画作成ですが・・・

 

「最低2分でもいいから話そう」
という低いハードルを決めました。

 

「2分なら話せるだろ・・・」
ということで、
このハードルを設定しました。

 

予想していた通り、
むちゃくちゃこれも効果的で、
動画を作るのに慣れました。

 

最初は2分でも辛いよーと、
萎えてたんですけど、
やってるうちに慣れたんですね。

 

いやーまじでハードル下げるの、
超効果的だわ・・・
という感じです。

 

 

ハードルを下げれば全て解決する

 

「行動できません・・・・」

「もっと頑張りたいです・・・」

 

みたいな声をよく聞くんですけど、
それらの悩みは全て、

ハードルを下げることで、
解決できます。

 

例えば僕は半年近くほぼ毎日、
筋トレをしています。

 

「よく続きますねー」

ということを言われるんですが、
これもハードルを下げまくったからです。

「腕立て伏せを1回やったらOK」
みたいなハードルから、
最初はスタートしました。

 

そしたらだんだん慣れていって、
今や筋トレは毎日20回、
ランニングも10分です。

 

で、僕が筋トレをできたのも、
ネットビジネスでも行動できたのも<
全部ハードルを下げたおかげです。

 

もし、「行動できねえ」
と思っているのであれば、

とにかくハードルを下げまくってください。

 

1分でもいいです。

1回でもいいです。

 

最初の一歩は小さくてもいいので、
踏み出しましょう。

 

 

ということで今回はこの辺で。

 

追伸

この記事もインフル明けということで、
だいぶハードルを下げて書きました。

とりあえず書くかーくらいのノリです。

型通り書くというのも、
ハードルを下げる例ですね。

 

自己流はいらないので、
楽です、型通りに書けばいいから。

 

ということで、また明日から、
記事の方もせっせと書いてきます。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください