ネットビジネスを知ったことで、不幸になったある男の物語

⏱この記事は5分で読めます

こんにちは、高橋です。

今回の記事では、

「ネットビジネスを知ったことで、
 不幸になったある男の物語」

をこれから話していこうと思います。

今回の物語では、
結構ディープなことを、
お伝えしていく予定です。

タイトルを読んでピンときた方は、
何か学ぶものがあるはずです。

ネットビジネスをやる上では、
メリット、デメリットを理解することが、
非常に大事になってきます。

この記事を読んで、
ネットビジネスの真のデメリットを、
理解していきましょう。

これを理解すれば、
ネットビジネスの本質というものを、
理解できます。

また、稼いでいくためには、
必須の内容です。

 

ネットビジネスはノーリスク??

多くの情報発信者は、

「ネットビジネスはノーリスク!
 やって損することはない」

ということを常々主張しています。

これは半分正解で半分誤りです。

「確かにそうだよな・・」
とは思います。

ですが、それは自分の商品を買わせるための、
宣伝文句に今や成り下がっているような気もします。

情報発信者が読者のことを心から考えていたら、
「ネットビジネスはノーリスクです!」
なんて言うはずがないんです。

当然ネットビジネスにも、
リスクはあります。

それをこれから、
お話していこうと思います。

タイトル通り、

「ネットビジネスを知ったことで、
 不幸になった物語」

と言うテーマで書いていきますね。

それでは物語の始まりです〜

 

ある不幸な男の物語

その男は大学生だった。

きっかけは些細なことだった。

インターネットでお金儲けの方法を、
検索したら、”ネットビジネス”というものの、
存在を知ったのだ。

「胡散くせええ・・・
 絶対嘘だろ・・・・」

思わず男はネットビジネスに、
拒否反応を示した。

なぜならネットビジネスには、
信じられない世界が、
広がっていたからである。

「アフィリエイトで月に100万稼げます」

「何もしなくても収益が発生します」

「フェラーリを乗り回して、六本木に住んでます」

こんな出来事がネットビジネスの世界では、
どうやらあるらしい。

「いやいや・・ありえねーだろwwwww」
と男は笑ってしまいそうになった。

「月収100万とかありねえだろw
 こういう詐欺のやつね・・・」
と男は思っていたのだ。

だが・・・・・・・

一度サイトを閉じたはいいものの、
男はネットビジネスの世界が気になって、
仕方がなくなってしまっていた。

「月収100万???そんなのありねえだろ。
 でもあり得るとしたら・・・」

「いや詐欺に決まってんだろ。でももし・・
 もし・・本当だったら・・・」

ネットビジネスの誘いというものは、
本当に悪魔の囁き的な何かを持っているように思える。

「もし本当だったら・・・・・」

男は気になって仕方がなかった。

その男はその後ネットビジネスのことを、
ネットで検索して調べまくった。

ネットビジネス 稼げる
ネットビジネス 詐欺
ネットビジネス 怪しい
ネットビジネス リスク

などなど思いつくワードを、
Googleで検索しまくったのだ。

「うーむ。どうやらリスクはなさそうだ」

ネットビジネス、
特にアフィリエイトは、

・在庫がないから赤字になるリスクもない

・それにパソコン1台で好きな時に、
 好きな場所でいつでもできる

というメリットがあったのだ。

「リスクなしとかすげえじゃん」
男は思わず興奮していた。

そして、男はネットビジネスに、
挑戦することになる。

ネットで色々検索していたら、
「初心者にはトレンドアフィリエイトがオススメ」
ということだったので、
トレンドアフィリエイトから始めた。

だが、男は全く稼げなかった。

どれだけ、記事を書いても、
どれだけ多く文字数を書いても、
全く稼げなかった。

「ふざけんなよ。アフィリエイトって、
 楽に稼げるはずじゃなかったのか?」

男は怒り心頭だった。

毎日好きでもない芸能人のニュースを、
書いてるだけでストレスなのに、
報酬も発生しない。

100記事も書いていたのに、
13円しか発生しなかったそうな。

男はその後様々なアフィリエイトに挑戦した。

Youtubeアフィリエイト、
サイトアフィリエイト、
Twitterアフィリエイト、

だが、男は相変わらず、
稼ぐことができなかった。

そして、男は次第に、
ネットビジネスへの情熱を、
失っていったのだ。

「ネットビジネスってつまんねえし、
 楽して稼げないし、もうやめてやる」

そう言って男はネットビジネスから、
足を洗うことにしたのだ。

だが・・・・

男の頭からはある言葉が離れなかった。

それは、
「ネットビジネスなら自由に生きることが出来る」
という言葉だった。

ネットビジネスなら自動で収入が発生するし、
好きな時に好きな場所で仕事ができる。

そんな風に言っている情報発信者を、
男は数多く見ていた。

そして、男は彼らに憧れて、
ネットビジネスを始めたのも事実だった。

だけど、それに男は失敗した。

ネットビジネスで稼ぐことができずに、
ネットビジネスを辞めてしまったのだ。

「あんな風に情報発信してる人は本当なのか? 
 俺もあんな風になりたいな」

その思いは消えなかった。

そう思うと、普段の毎日がたまらなく退屈に思えてきた。

「ネットビジネスの夢のような世界に行きたい 
 でも・・・俺にはできない・・・」

ネットビジネスには夢のような世界があることを知って、
普段の退屈な日常を生きることは男にとって辛すぎた。

「あれが本当だったら・・・
 本当だったら・・・」

「でもまたやってもどうせ、
 うまくいかないんだろうな・・」 

はあ、ネットビジネスで生きてる人って、
まじで羨ましいわあ・・・

男はある意味、不幸だった。

ネットビジネスという世界を知ってしまい、
その世界を信じてしまった。

夢のような世界があると知ってしまった。

そして知ってしまっただけではなく、
信じてしまった。

信じてしまったまま、
退屈な日常を送っていた。

「あーネットビジネスでうまくいってるやつが 
 マジで羨ましいわあ」

そう思って毎日を暮らすことは、
不幸以外の何物でもなかった。

「俺も自動で稼いでみたいな」と思いながら、
コンビニで男はバイトをしていた。

ネットビジネスを知らずに、
普通に毎日という日を過ごし、

「ネットビジネス?そんなもん詐欺だろ?」
と言って友人と酒を飲んでる方が、
100倍幸せかも知れない。

そんな調子で男はずっと、
モヤモヤした毎日を送っていた。

ネットビジネスはしてないけど、
有名な情報発信者のメルマガは、
購読したままだった。

「今こんなに楽しい毎日を送っています」

「ビジネスで100万儲けました」

こんなことを言っているのを見ると、
男は憧れしかなかった。

「はー俺ももう一回ネットビジネスやってみようかな」

でも、男はやらなかった。

あれだけ前にやってみたのに、
全然稼げなかったんだから、
どうせやっても意味ないよ。

稼げる人たちはどうせ一握りの人たちなんだよ。

そう言っていつものように、
退屈な授業を受けるために、
早稲田に行き、

暇な時間になるとただただ酒を、
浴びるように飲みまくって、

廃人のような生活を、
送るようになりました。

こうして、僕はいつも自分にそう言い聞かせて、
いつもの退屈な毎日に戻っていきました。

「ああ・・ネットビジネスで稼いでみたいな。
 俺には無理だけど」

そう思うたびに
僕は不幸になっていったのでした。

おしまい

 

”知る”ことは何も自分を幸せにするとは限らない。

結局この男は僕のことだった、
というオチでした笑

”知る”ということは何も自分を、
幸せにするとは限りません。

時には人を不幸にします。

鋼の錬金術師という漫画があります。

この漫画はかなり面白い世界観があって、

禁忌とされる人体錬成をした人の前には、
真理の扉というものが現れます。

そして、その人に”この世の真理”を、
見せてくれるのですが、
手足を持ってかれます。

通行料として自分の大切な肉体を、
奪われるのです。

で、僕はこれが自分たちの世界と、
同じだと思っています。

禁忌=知ること、知識
通行料=幸せ

ですね。

まあ、ここら辺の話は、
別の記事で書いていこうと思います。

ちょっと長くなってしまうので。

で、まさに今回の例がそうでしょう。

ネットビジネスという世界は、
一度知ってしまうと、
そして一度信じてしまうと、

なかなか抜け出せないものが、
あるように思えます。

ネットビジネスという世界には憧れているんだけど、
行動せずに、いつものまま毎日を過ごす。

これはなかなか辛いです笑

特にネットビジネスという世界を一度、
信じてしまったら、今僕たちが送っている毎日が、
途方もなく退屈なことに気づきます。

別にこれは良い面、悪い面両方あって、

「うおーこんな世界があるのか
 俺もこっちで頑張るぞ!」
となって成功できれば良いのですが、

「俺もネットビジネスの世界に行きたい!
 でも全然稼げねえよ。。。。」
という状態にはなかなか辛いものがあります。

「ネットビジネスで自由な人生を送れる」
ということを知ってしまったからには、
それを成し遂げたいと思ってしまうのです。

 

ネットビジネスのデメリットとは

「ネットビジネスはノーリスクですよ」
というのは確かに間違いではないと思います。

実際、赤字になることもないですからね。

ただ・・・・・

幸福か不幸になるかは別です。

ネットビジネスの世界に片足を突っ込んで、
本気でこの世界のことを信じてしまった以上、

僕たちがいつも送っている毎日が、
途方もなく退屈に思えてきます。

もちろん、ネットビジネスのことを信じずに、
「こんなの嘘に決まってんじゃんw」
と決めつけて、全く気にも留めない人が、
ほとんどなんですけどね。

だから、もしこのネットビジネスという世界に、
挑戦しようと思うのであれば、

”本気”で戦うことをオススメします。

「小遣い稼ぎをしたいです」
というのも僕は悪くないですし、
否定をすることはしません。

ですが、生半可な気持ちで、
ネットビジネスをやっても、
幸せになることは難しいでしょう。

ということで今日はこの辺で。
それではまた。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください