【ライティング上達法】素晴らしい文章を書く方法を伝授する

⏱この記事は4分で読めます

こんにちは、高橋です。

最高の記事を書くための方法を、
これからお伝えしていきます。

今回お伝えする上達法を意識できれば、
素晴らしい記事を書くことができます。

素晴らしいというのは、
多くの人の心をつかんだり、
感動させることができるという意味です。

ライティングのテクニックには、
色々ありますが、おそらくこれを超えるものは、
ないんじゃないかなーと僕は思ってます。

ちなみにネット上にあるサイトを見渡してみると、
僕が今日いうことと真逆のことをやってます。

だから気持ちが悪かったり変な文章が、
出来上がってしまうんですよね。

ちなみに、今回は具体的なライティングテクニックは、
一切載せていません。

「どうやったら反応が、
 取れる文章が書けるのか?」

とかそういう話は今日は無しです。

ライティングの本質みたいなものを、
書いていきたいと思います。

前置きが長くなってしまったので、
早速書いていきます。

 

人を感動させる最高の記事を書くには?

まず結論から言います。

人を感動させるため最高の記事を書く方法。

それは・・・

心から書くことです。

自分の思いを込めて心から書く。

これを超える最高の記事の書き方は、
他にありません。

ベネフィットを入れるとか、
強烈なコピーを入れるとか、

そういうライティングのテクニックの効果を、
はるかに上回ります。

ただ、ここまで書いてきて、

「心から書くって何???」

「そんなんでうまくいったら苦労せんわ!」

と感じた方が多いかと思います。

なので順に解説していきます。

 

心から書くとは?

先ほど、最高の記事を書く方法とは、
「心から書くこと」であると言いました。

心から書くというのは、
「雑念を振り払って、本心から書く」
ということです。

・・・・

「うーんますますわからん・・・」
と混乱させてしまったかもしれません。

詳しく解説していきましょう。
ここで大事になる要素が2つあります。

1つ目は雑念、2つ目は本心です。

これを順に説明していきます。

 

雑念を振り払う

雑念を振り払うというと、
少し混乱するかもしれませんが、

要は

「稼ぎたいと思いながら記事を書かない」

ということです。

「この記事でアクセス集めるぞ!アクセス来い!
 アクセス来い!商品買ってくれ!」

と思いながら文章を書くと、
ものすごい気持ち悪い文章になります。

書いてる本人は意外と気づかなかったりしますが、
他の人に見てもらうと一目瞭然のことが多いです。

よくにある、「売り込み臭の強い文章」とかですね。

こんなことを言うと、
「うさんくせえ・・俺はそんなの信じないぞ!」
と思う人もいるかもしれません。

だけど、これは日常生活に置き換えてみると、
すごいわかりやすいです。

例えば、「絶対売ってやる。何としてでも売ってやる」
と思っている営業マンって気持ち悪いですよね?

「こいつ・・売りたい気持ち見え見えだわ」
と商品を買う側は興ざめします。

で、この雑念というのは、
非常に厄介です。

なぜなら、

そもそも僕たちが記事を書くのは、
お金を儲けるためです。

記事を書いて、メルマガを書いて、
商品を売って仕組みを回します。

「そもそも記事って稼ぐために書くのに、
 稼ぎたいと思って記事書くなとか無理じゃね?」

と思うのも納得できます。

だから、ここは非常に難しい部分です。

「どうやって雑念を振り払うのか?」

ここは今も研究中です。

ただ、記事を書くときはできるだけ、
雑念を振り払うことを意識しています。

 

本心から書く

そして雑念を振り払うのと、
同じくらい大事な

「本心から書く」

という要素があります。

この本心から書くというのは、

「嘘偽りなく、自分が思っていることを、
 素直に記事に書き出す」

ということです。

嘘を書いていたり、
自分が思ってもいないことを書いてると、
変な文章になります。

「なんかこの人のサイトやだなー」
「なんかこのセールスレターひっかかるなあ・・」

と感じる違和感みたいなものです。

で、嘘偽りなく、自分が思ってることを、
素直に書いた文章というのは、

ライティングのテクニックとかを、
使わなくても素晴らしい文章になります。

面白いし、読み手を引きつけるし、
「なんか興味がわく」という文になります。

 

プロフィールが面白いのは心から書いてるから

サイトの中で、一番読者をファンにすることが、
できる部分というものがあります。

それはどこかというと、、、

「プロフィール」です。

プロフィールページが一番読者を、
惹きつけ、ファンを増やします。

じゃあ、プロフィールページって世間一般でいう、
ライティングテクニックが使われているのかというと、

意外とそんなことがなかったりします。

もちろん、皆無だとは言いませんよ?

ただ、普通の記事に比べたら、
文体とか適当だったり、細部にこだわらずに、
その人が思ってることを、
ただ書いてるような文章にしか見えません。

つまり何が言いたいかというと、、

「プロフィールページが人を惹きつけるのは、
 その人がプロフィールを心から書いてるから」
だと思ってます。

 

過去の文章の方が面白い?

まあなんでこんな話をしてるのかというと、
昔の自分が作り込んだサイトを、
さっきまで見てたんです。

ブログ記事自体はレベルがひどくて、
目もあてられないものがほとんどでした。

「いやー昔俺こんなに文章下手だったのかよ」
みたいな感じです。

ただ、その記事の中でも僕が思わず、
最後まで読んでしまった文章があります。

それは・・・

プロフィールページです。

「すげえ、面白い・・」

僕は思わず読んでしまいました。

でもこれはよくよく考えれば、
おかしな話です。

そのプロフィールページは、
サイトを作った時に一番最初に書いたものです。

つまり、ネットビジネスを始めて、
一番最初に書いたものなのです。

時期的には半年以上前だし、
ライティングを始めたばかりの頃。

「なんでこれだけ面白んだろう・・・」

僕は不思議で仕方がありませんでした。

ただ、それも今回の記事で説明できます。

「プロフィールを心から書いてたから」
です。

僕はネットビジネスを始めた当初は、

「自分のサイトなんてどうせ誰も見ないから、
 思うことを全部吐き出そう」

といい意味で前向きに捉え、
プロフィールを心から書いていたのです。

まだネットビジネスを始めた当初で、
「この記事で稼ぎてええ」という雑念もありません。

誰もまだ読者がいなかったので、
取り繕って書こうとすることもありません。

僕は全て本心で書いてました。

心から書いていたんです。

ただ、この心から書くというのは、
次第に難しくなってくるんですよね。

記事を書き続けて、
ライティングが上手くなっていくと、

「ここは盛った方がいいな〜」とか、
「こんな記事書いたら読者からの反応が・・」
とか本心で書けなくなります。

実際、僕が所有しているサイトを、
いくつか見比べて見たのですが、

プロフィールに関しては、
僕がネットビジネスを始めて、

一番最初に作ったものが、
一番面白かったです。

 

まとめ

今回の話はライティングの本質的な話を、
してきました。

「心から書く」

これが最強のライティング法です。

ただ、こういう応用的な内容って、
ウケが悪いんですよね笑

なので、多分あまり読まれないだろうし、
共感されにくいだろうな〜と思って書いてます。

ということで今日はこの辺で。

 

追伸
有名なコピーライターが、
「コピーライティングの極意は愛だ」
と言っていました。

その意味も今ならなんとなく、
わかるような気がします。

愛する気持ちを持って文章を書く。

これができれば最強ですね。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください