【ドM最高】ネットビジネスではドMが最強なことを語ってみる

⏱この記事は2分で読めます

こんにちは高橋です。

現在僕は絶賛負荷をかけています。

1ヶ月で50記事書くという、
チャレンジを友人とやっています。

失敗したらご飯をメルマガ読者さんに、
奢るという超鬼畜プレイです。

ただ、こうして縛りを入れないと、
どうしてもサボってしまいます。

今度、別の記事で書こうと思うのですが、
たぶんネットビジネスに重要な素質って、
ドMなことだと思います(真顔)

どれだけ自分を追い込めるか?

追い込んだとしても、
その苦しみを楽しいと思えるか?

自分を痛みつければ痛みつけるほど、
快感を得られるか?

ここら辺の素質って、
ネットビジネスで超大事かと。

ちなみに僕はドMです(キッパリ)

ちょっと話はそれるんですけど、
「MよりSの方が良い」

みたいな風潮ありません?

「俺、Mなんだよね」
っていうと、

「きもーいw」という声が飛んできそうです。

でも、
「俺、超Sなんだよね」
って言っても、

別にキモくはなくないですか?

これは単に性別の問題なんですかね?

女の子が「私、Mなんだよね」と言っても、
別に気持ち悪くはない・・・

昔はずっとだから自分がMであることを、
ずっと隠してたんですよね。

でも、ネットビジネスを始めてから、

「あれ?ドM最強じゃね???」

ってことに気づいたんです。

昨日はビジネス仲間と焼肉を食べに行ってたんですが、
「そんなんに作業できて強いっすね〜」
ということを言われたんです。

僕が何を話したかというと、

朝起きたらパソコンに向かい、
昼ごはんまでずっと作業。
その後は、カフェに行って作業。
移動途中の電車で作業。
家を出たらウォークマンで音声学習。
夜、家に帰ってきたらまた作業。
夜飯食って作業。

みたいな作業地獄なうってことを、
友人に話したら、
「やばいっすね〜」みたいなことを言われたんです。

ちなみに僕は
「俺こんなに作業してるんだぜ!
 すごいだろ!!!」

ということを伝える意図は、
1ミリもありませんでした。

「みんなネットビジネスやってる人は、
 誰でもこのくらいやってる」
と僕は、本気で思ってたんです。

でも話を聞いたらそんなことはないということに、
最近気付き始めましたw

僕がなんでこんなに作業を続けられるのか、
ということを友人に聞かれたんですが、

「自分を追い込んで、追い込んで苦しみを感じる
 その苦しみがなんか自分を成長させてる感じが、
 ものすごく快感」

僕はこれを熱意を持って、
語ったのですが

・・・・

全く理解されませんでしたw

あと、「ただのドMやんw」
と言われて終了しました。

まあでもこれは多分良いことだと思うんですよね。

ネットビジネスを始めて、
多分障害となるのって、

「作業がめんどくさくて、
 挫折しちゃう」

ってことがほとんどです。

幸い僕は作業を辛いとは思わないし、
楽しいとすら思います。

しかも、自分を痛めつけることでも、
快感を得られるので無敵状態かもしれません。

ただ、もちろん正しい知識を学んだ上で、
実践するという大前提があります。

闇雲に作業するだけでは、
ただの自己満です。

知識を得て、正しい方法論のもとで、
行動できる超ドMマシーン。

これにもっと近づけるように、
一層頑張ります。

少しメルマガちっくな文章に、
なってしまいました。

アウトプット用として、
書いています。

50記事チャレンジを終えて、
しばらくしたら真面目な記事を、
ちゃんと投稿していきますw

それではまた。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください