【前編】真面目であることは立派な才能である。ネットビジネスでは真面目が最強な理由。

⏱この記事は3分で読めます

今日は高橋です。

今日は「真面目って本当にダメなことなの?」
というテーマで書いていきます。

「真面目=悪」と思っている人は、
多いかもしれません。

ですが、僕は声を大にして言いたい。

「真面目って最強の能力だから!」
ということをです。

この記事を読んで真面目の強みを理解できれば、
ネットビジネスでも最短最速で、
成長することができるようになります。

100万、200万と稼いでいくためには、
必須の内容です。

ここに書かれていることを、
実践して収益をがっぽり出していきましょう。

 

超真面目だった中学・高校生時代

僕はクソがつくほど真面目な性格です。

宿題があったら期日までに、
真面目にこなします。

テストがあったら1週間前から、
コツコツ勉強していました。

先輩や上司から何か注意されたら、
もう間違わないように、
メモしまくって気をつけるようにします。

遊びすぎはいけないから、
勉強もたくさんします。

これはネットビジネスを始める前の、
僕の行動でした。

文字どおり超真面目だったのです。

実際、僕が小学生、中学生の頃も、
超絶真面目な性格でした。

小学生の頃は、必ず宿題をやりきり、
先生から怒られないように真面目に、
勉強をする。

そして、習い事や勉強を着々とこなす。

それは中学に入っても続きます。

中学では、学校の内申点のために、
定期テストの勉強を1ヶ月前以上から、
コツコツと開始しました。

そして受験のために、受験勉強は、
毎日10時間以上やっていました。

そして実際褒められることも多かったです。

「そんなに勉強できてすごいねー」

「真面目で偉いねー」

「よくそんなにストイックにできるねー」

などなど。

その頃から僕は、
「真面目=正義」
と思うようになっていきます。

そして、高校時代でもこの、
真面目に火がつきます。

部活でも朝から晩までひたすら、
練習を真面目にこなします。

そして、勉強でも毎日10時間とか、
アホみたいに真面目にやっていました。

当時の自分の性格を見ても、
「真面目」と言ってよいでしょう。

「真面目バンザーイ」

実際、真面目であることの恩恵を、
僕はたくさん受けてきました。

先生や先輩からも褒められるし、
何より勉強やスポーツの成果が出ます。

「真面目は俺の最大の武器だ!」
とか思っていました。

ですが・・・・

そんな自分を苦しめるような出来事が、
大学に入ってから起こるようになるのです。

「真面目に価値はない」という風潮

大学に入ると僕は今までとだいぶ、
勝手が違うことに気づきました。

そう。

誰も「真面目」なんて能力に、
見向きもしなくなっていたのです。

「あれ・・・・・・?」

「中高とか真面目だっただけで、
 よかったじゃん」

「でも、大学に入った途端、
 真面目とかなんの意味もない・・・?」

実際、大学に入ったら、「真面目」なるものは、
なんの意味もありません。

というか、真面目な人には興味を持たれません。

それよりも、話が面白かったり、
スポーツで全国に行った経験があるとか、
人と変わったことをしているとかの方が、

明らかに興味を持たれます。

僕は誰からも興味を、
持たれていないことに気づきました。

そして実際先輩からも言われました。

「お前は真面目すぎるぞ。
 真面目だとつまらないし興味もたれないよ」

僕は衝撃でした。
「今まで真面目で褒められまくっていたのは、
 一体なんだったんだろう・・・・」

ショックでした。
それと同時に今までの自分を、
否定された感じになる、悲しくなりました。

そして僕は、

「真面目ってクソなんだな。
 なんの役にも立ちもしねえ」

と思うようになったのです。

そして僕は真面目だと、
思われたくないがために、

無理して面白いキャラを演じようとしました。

僕はピエロでした。

僕は分かっていました。

「ピエロになればみんな笑ってくれる。
 真面目な時よりもみんなから必要とされる」

真面目だと馬鹿にされて、
誰からも必要とされないよりも、
無理してピエロになる方が楽でした。

「真面目なんて糞食らえ!!!!」

そうして僕は真面目である自分を、
ひたすら押し殺して生きていくようになり・・・

ませんでした笑

散々真面目な自分をディスり倒してきた僕ですが、
あることをきっかけにして、

「真面目=最大の武器」
ということに気づくようになるのです。

そのあることとは一体なんなのか?

それは紛れもなく、
僕とネットビジネスの出会いでした。

ネットビジネスでは真面目であることが、
無茶苦茶強みになります。

そこら辺も含めて次回書いていきます。
次回に続きます。

それではまた。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください