ワンソースマルチユースを理解してメディアを育てていこう

⏱この記事は2分で読めます

こんにちは、高橋です。

今日は少し具体的なお話です。

今回紹介するのは、
「ワンソースマルユース」
という考えです。

これを理解できるようになれば、
同時にたくさんのメディアを、
楽に育てていくことができます。

 

「いちいち、1つずつ育てるのは、
 めんどくさい・・・・」
という人にとって非常に、
学びになる内容かと思います。

 

ということで、早速説明していきます。

 

ワンソースマルチユースとは?

 

ワンソースマルチユースというのは、
1つの情報源をたくさん使うことを指します。

 

ワンソース:1つの情報

マルチユース:たくさん使う

 

で、これが超優れものでして、
この考え方を理解していけば、
情報発信をしていく上で、
めちゃくちゃ楽になります。

 

具体的にどうすればいいのかというと??

 

ブログとYoutubeを例にします。

 

ブログで書いた記事を、
Youtubeでも話していく。

Youtubeで話した動画を、
ブログ記事にして投稿する。

 

こんな感じです。

 

昔まで僕は、

「あーYoutubeにも動画を投稿して、
 記事も書かなきゃ・・・・」
という感じでヒーヒー作業してました。

 

Youtubeと記事は全く別のものを、
たくさん作らないといけないと、
完全に思い込んでたんですね。

 

 

でも、ブログやYoutubeで、
同じことを話してもいいわけです。

 

自分のサイトや動画を全部見てる人は、
ぶっちゃけほとんどいません。
皆無です。

 

だから、似たようなものを、
作ったとしても読者的には、

「そういえばどっかで見た気が・・
 まあでもいいか・・・」

となるだけです。

 

ワンソースマルチユースのやり方

 

ただ、同じ情報を使い回すのではなく、
具体例を変えていったり、
少し変えていくのがポイントです。

 

「動画ではだいぶ詳しく話したから、
 記事はコンパクトにしようっと」

 

とか

 

「ブログの記事を140字にまとめて、
 Twitterのbotにしよう」

 

とか、改造していきましょう。

 

さらに具体的に言えば、
多くの人が日刊のメルマガを、
ほとんど使いっぱなしです。

 

日刊のメルマガってリアルタイムで、
配信されている分、読者にとっては、
非常に新鮮味があって面白く感じますけど、
資産にはなり得ません。

 

ブログはネット上全ての人に対して、
アプローチすることができますが、

日刊メルマガってそのメールを読んでいる、
読者にしかアプローチできないんですよね。

 

その日刊メルマガを記事にしたり、
ステップメールに組み込めば、
資産が増えていくのに、
超勿体無いです。

 

だから、日刊メルマガに関しては、
ワンソースマルチユース通りに、
色々な場所で使っていくほうが、
コスパが高くなります。

 

 

なので、もし「ネタが思いつかねえ・・・・」
という状態になったら、
今回の内容を思い出してみて下さい。

 

「この前書いた記事の応用版みたいな、
 動画作ってみるか」

とか

いくらでも応用が可能です。

 

ネタ切れに困る時こそ、
メディアを育てていきましょう。

 

 

それではまた。

 

 

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください