【幸せとは何か】14時間の作業で何かを悟った話

⏱この記事は3分で読めます

こんにちは、高橋です。

今日はずっとぶっ通しで作業をしています。
作業、作業、作業の嵐です。

朝起きたらパソコンに直行し、
作業をし続けてます。

今は休憩時間ということで、
この記事を書いてます。

ちなみに、電車に乗りながらです。

 

で、かなりぶっ通しで作業をしているのですが、
楽しくて仕方がありません。

別にランナーズハイという状態でもなく、
純粋にネットビジネスが楽しいなーと、
ワクワクしながらやっています。

 

本当に楽しくて仕方がない。
なんだこれと。

周りから見たら1日中パソコンに向かって、
カタカタしているだけにしか見えません。

 

ですが、本当に楽しくて仕方ないなーと。

ドラクエをやっている気分なので、
眠いとかだるいとかもないですし、
早くやりてえーっていう衝動に駆られます。

寝ても覚めても考えるのは、
「ネットビジネス」のことばかり。

ひたすら来る日も来る日も毎日、
作業をし続ける。

もちろん、体力的にきつくなることは、
多々あります。

そこはなんとか若さで乗り切ってる感じですかね。

心から成し遂げたい明確なゴールがあって、
それに向かって全速力で努力する。

あー、今やっと電車から降りて、
スタバに着きました。

こうして作業してるわけですが、
稼げるようになったら、
もっとおしゃれなカフェにこもって、
朝から晩まで作業できるようになりたいですね。

今はアイスティー1つで、
10時間ぐらいこもる毎日です笑

で、朝、夜ご飯も、
気軽にふらっと外食できたら、
さぞ幸せなんだろうなと。

 

ただ、、、

もしかしたら、アイスティー1つで、
泥臭く作業している今の自分が、
一番幸せなんじゃないかと思いました。

僕は今まで部活や受験で周りの人から見たら、
「成功」と思われる成果を残したこともあります。

僕自身は1ミリも成功だなんて、
思ってませんが・・

 

例えば、早稲田大学に通ってることとかが、
そうなのかなーと思わなくもないです。

「早稲田かよーすげーじゃん!」
とか言われますが、僕自身はなんともです。

 

どっちかといえば、
 
「早稲田に合格するために必死に、
 勉強していた浪人生活」

の方が楽しかったですし、
幸せだったように思えます。

 

毎日家から徒歩5分のマクドナルドに行って、
アイスコーヒーのsサイズ1つで、
朝から晩まで勉強し続ける。

それを半年以上繰り返しました。

周りから見たらただのニートですし、
気持ち悪いやつだったでしょうけど、
僕は楽しくて仕方がありませんでした。

 

今までできなかった勉強が、
だんだんできるようになっていく。

成績もだんだん上がっていく。

浪人生は実質ニートみたいなものですから、
いくらでも勉強できます。

実際、びっくりしたことがあったので、
これからお話ししていきます。

浪人して受験を間際に控えた1月に、
初詣に行ったんです。

で、1月とか2月って、受験のプレッシャーがひどくて、
精神的にやられる受験生が非常に多いんですよ。

ただ、その初詣に行った時に撮った写真を、
前に見返してみたら。。。。。

僕は笑ってましたね。

確かに服もダサいし、
髪の毛も不恰好に伸びてて、
まさに”浪人君”という見た目です。

でも、そんな見た目とは裏腹に、
僕の顔からは”笑み”が見られました。

しかも、作り笑いでもなく、微笑みでもなく、
薄ら笑いでも、馬鹿笑いでもなく、

純粋無垢なままに、
顔からほころびる笑みでした。

母親からも、

「あんた、受験の直前だけど、
 この写真見ると笑ってるよね」

と言われました。

その時は、「あ、そう」くらいだったのですが、
今ならその意味がわかりますね。

「あの時、幸せだったなあ」って

ただ、浪人の時の幸せ、幸福感はある時を、
境にして終了しました。

それは何かというと、

「僕が早稲田に合格した時」

です。

こんなことを言うと

「は?????合格したのになんで嬉しくないの?」

と思うでしょう。

たぶん僕はゴールに到達するまでに、
がむしゃらに頑張っている時に、
一番幸せを感じるタイプなんだと思います。

剣道の大会で入賞したこともありました。

でも、その入賞した時って別に嬉しくも、
幸せでもなんでもなかったんですよね。

それよりも僕は毎日道場で、
死に物狂いで稽古をしながら、
先生に突きを食らって吹っ飛ばされてた時の方が、
すごい心に残ってるし、楽しかったなあと。

もしかしたら目標を達成することは、
幸せじゃないのかもしれません。

これは僕だけでしょうかね。

ですが、僕は別に幸福感だけを求めて、
動いてるわけではないです。

こうして今も記事を書いているわけですが、
それをしているのもゴールがあるからです。

自分の理想像があるし、
なりたいゴールがあるから、
行動しているわけです。

だから、そのゴールを達成するまでは、
絶対にネットビジネスをやめる事はないし、
行動し続けるんだろうなと思いました。

ただ、目標を達成してる未来の方が、
はるかに素晴らしい毎日があるんでしょうけど、

もしかしたら今こうして必死に頑張ってる時の方が、
実は幸せなのかもしれないと思うと、
少し面白いなあと。

そう思って今日の記事を書いています。

それでは作業に戻ります。
今日はこの辺で。また明日会いましょう。

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください