一歩でいいから前に進むんだ。たとえそれが中身のない記事だったとしても

⏱この記事は5分で読めます

こんにちは、高橋です。

今日も完璧主義についてのお話です。

僕はここのところ、
かなり完璧主義になってます。

 

なので、それを打破するために、
中身のない記事を書きます。

 

僕は今、完璧主義です

 

近況報告がてら書きます。

 

僕は今、完璧主義です。

特に文章を書くことに関しては、
少しサボっていたこともあり、
なかなか筆が進みません。

 

ただ、作業というのは継続しないと、
そのうちだんだんやる気がなくなっていきます。

 

やはり、ライティングは、
1週間以上間を開けると、
かなり勘が鈍るんです。

毎日やるのがベストですね。

 

 

で、ここのところ最近は、
モチベが上がらなくなったり、

インフルになったり、
一人で鬱になったり、
かなりメンタルがやられてました。

 

というのも、ここのところ全く、
外出をしていないからですね。

家にずっと引きこもってると、
精神衛生上よろしくありません。

 

頭がぼーっとしたり、
刺激がなくなったりして、
頭が悪くなりそうですw

 

あまりに辛いので、

「うおおおおおおお」

とよく独り言を言ってますw

 

「家にいるのが嫌なら、外出しろよw」
と思った人もいるかもしれません。

 

ですが、今弟が絶賛大学受験中なのです。

 

「インフルに絶対にかかってはいけない」
と絶賛親から脅されてます笑

軽い脅迫ですこれは笑

 

僕がもしインフルになったら、
弟にうつす確率も高くなりますし、
この受験シーズンの時期にそれはまずいと。

 

なので、うつらないために、
バイト以外外出を控えて、
家でずっと仕組みを作ってました。

 

あとは、インプットを、
ひたすら繰り返してましたね。

 

教材を買いまくって、
それを全部印刷して、
ノートに貼って、

音読しまくって、
暗唱しまくって、
風呂で読みまくってます。

 

あーこれはメルマガに、
書くべき内容でしたね。

 

でも関係ない。
書いてしまえー。

 

で、今こうやってかなり中身が、
スッカスカの文章を書いています。

 

一歩でもいいから前に進もう

 

もしかしたらこれを読んだ人の中には、
「なんだこの記事・・・」
「つまんねえ・・」
「言いたいことまとめろコラァ!」
と思う人もたくさんいるかもしれません。

 

おっしゃる通りです。
もっと丁寧に書くべきですよねはい。

 

とは思いつつも。。。

 

ダサくてもいいから一歩ずつ前に進む、
だから、適当な記事でもいい。

たくさんの人が見てるブログだけど、
そんなのは構わない。

無駄にカッコつけるよりも、
泥臭くてもいいから少しでも前に進むんだ。

 

今こうやって完璧主義になってる自分には、
少しでも前に進むことが大事なんだ。

だから、僕は書きます。

内容がない記事でも、
一歩でもいいから前に進みたいんです。

 

今までの僕だったら、
「しっかり構成を考えてから、
 記事を書きたいんだよ!」
と思ってました。

 

もちろん、丁寧に書くことは、
大事なんですけど、
時にはやる気が無くなる時も出てきます。

時には、ダサくてもいいから、
クオリティが低くてもいいから、
前に進まないといけない時もあるんです。

 

ということで、前半が長くなったので、
ここからは僕が2月にいかに堕落して、
そこから完璧主義を脱却したのかを、
色々と話していこうと思います。

 

堕落、完璧主義をこじらせた2月

 

思えば僕は昔から周りの人の目を、
気にする人間でした。

「こんなこと言ったら嫌われないかな・・」

「ダサいと思われたくない、頑張らないと」

「みんなの前で失敗したくない」

僕は周りの目を気にして生きてきたのです。

 

だから、僕は時にこうして、
ネットビジネスをしていても、
完璧主義になることがあります。

 

そういう時は大抵、
「こんなこと言って読者から、
 変な風に思われないかな?」
という恐怖からくるものなんですね。

 

要は周りの目を無駄に、
気にしているんです。

 

あーまじこういうのいらないです。

 

「バカじゃねえのお前?
 そんなの気にしてどうするんだよ?」

と言いたい。

「自分の人生をちゃんと自分の足で歩けよ」

僕は自分にそう言いたい。

 

 

そして・・・

 

僕は本当に2月の間は、
完璧主義になっていた。

「行動しなきゃいけない」

そんなことはわかっていたけど、
なぜか体が異常に重たかった。

 

「なんか今日はやる気が出ないから、
 また明日からやろう」

そう思っていた。

 

そう思っていたら

 

今日になった。

 

僕は気づいた。

 

「今日頑張らない奴は絶対に勝てない」

 

当然のことだ。
当たり前すぎて僕は、
自分が馬鹿すぎることに気づいた。

 

あれ・・・
何やってんだ俺・・

 

「頑張ることを先延ばしにして、
 今日まで来たんじゃないか?」

「2月前まではあんなに頑張ってたじゃないか」

「昔みたいに死ぬほど倒れるほどやれよ」

 

なまじっか、仕組みができて、
収入が入って来てしまうと、
油断をしてしまう。

 

「リストは自動で入ってくるし、
 金もまあ自動で入ってくるし、
 まあそんなに頑張んなくても良くない?」

クズだ。

本当に自分はクズだ。

 

自分の目標はもっと先にあるはずだ。

こんなちっぽけな報酬額を、
目標にして頑張って来たわけじゃない。

 

お前の目的は、夢は、目標は、
そして人生は、
もっと先にあるんじゃないのか?

そんな風にもう一人僕が囁いてきた。

 

僕は耽美主義者で原理主義者だと、
以前知り合いに話したことがある。

「美しく生き、美しく死にたい」

「大衆に甘んじて、常識に生き、
 生を貪るなら死んだほうがマシだ!」

そう言っていた自分が、
今や家で堕落した生活を送っている。

あれだけネットビジネスを頑張ろうと、
誓ったはずなのに、気づいたら、
パソコンでYoutubeを見ている日が続いた。

作業はするものの、
1日に2〜3時間程度しか、
やらなかった。

「何が自分は耽美主義者で原理主義者だよ笑
 全然、美しくねえし、汚ねえから今すぐ死ね!」

そんな声がどこからか、
聞こえてきた。

 

「このままじゃダメだ・・・」

 

僕はそう気づいた。

 

やる気がなくてもいい。
なんでもいい。
なんでもいいから、とにかくやるんだ。

 

僕はとりあえず、
Youtubeの動画を1つ、
取ることから始めた。

 

やはり、ブランクがあるせいか、
言葉に詰まってしまったり、
うまく話ができないところが続いた。

 

でも、このままじゃダメだと思ったから、
なんとかやりきった。

 

完璧主義を抜けられない理由の1つに、

「過去の自分より劣っていることに、
 気づきたくない」

ということがある。

 

例えば、2万字を毎日書きまくっていた時期と、
今を比べたら、過去の方がはるかに文章が、
うまいはずである。

 

でも、それを認めることは本当に苦しい。

 

「あれ・・?俺、昔よりダメになってる?」

誰しも退化しているということには、
目を向けたくない。

 

だから逸らす。

そして、実際に完璧主義を打破しようとして、
行動するとこの現実に目を向けざるを得なくなる。

 

「完璧主義をこじらせている今の自分は、
 過去の自分よりはるかに雑魚だ」

 

と。

 

僕はこの現実に向き合わなくてはならなかった。

 

「ライティング力も、
 スピーキング力も、
 1ヶ月前の方が100倍うまい」

 

そう思うたびに僕は、
本当に苦しくなった。

「そんなことはない!
 1ヶ月前の自分の方が、
 優れているなんて、
 そんなことはあり得ない!」

僕はそう思っていた、いや、
無理にでも思おうとした。

 

でも、こんなふうに思ったら、
何も進まない。

 

「ダサくても、なんでもいいから、
 一歩でも前に進むんだ」

 

僕はそう思って今の記事を書いています。

そうして僕はなんとか、
ここ数日で完璧主義を、
脱しつつあるような気がします。

 

Youtubeの動画も撮り始めたし、
ブログの記事も書き始めたし、
戦略も立て始められるようになりました。

 

なんでもいいからやればいい

 

ネットビジネスでは、
行動することがとにかく大事です。

 

当たり前ですけど、
ネットビジネスもビジネスですから、
行動しなかったら、
儲かるはずもありません。

 

でも、365日24時間フルパワーで、
行動し続けられるのは、
なかなか厳しいものがあります。

 

現実的には、
「モチベーションが下がることは前提」
とした上でどう頑張るかを考えるべきです。

 

で、そのモチベーションが下がった時は、
「なんでもいいからやる」
というのが一番効果的です。

 

こんなことを言うと、
「とにかくやりゃいいんだよ!」
と言う根性論に、
聞こえてしまうかもしれません。

 

僕が言いたいのは、
「とにかくハードルを下げてやる」
ということです。

 

「そんなの意味あるの?」
とか思うことでも、
とにかくやればいい。

僕だったらとりあえず、
動画を1本撮りました。

動画は5分で終わるものです。

 

 

「たった5分の動画なんて意味あるの?」

 

意味あります。

 

自分のやる気を出すため、
前に進んだという実感を得るために、
絶対に必要なものです。

 

ということで、
中身のない記事ですが、
色々と想いを込めて、
書いてみました。

 

完璧主義は本当にこじらせると、
面倒な問題です。

これから、完璧主義に陥ったら、
またこの記事を見に来ようと思います。

それでは。

see you

最後に


僕は現在パソコンに1秒も触らず、
毎月10万円の収益が出ています。

才能があったわけでも、環境に恵まれていたわけでもないです。

もともと家庭環境は最悪だったし、
コンビニのバイトですらまともに仕事ができませんでした。


そんな僕でも、ビジネスに出会って
少しの間、真剣に取り組んだだけで
あっさりと人生が逆転できました。


そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程はメルマガからどうぞ。

高橋のメルマガはこちらから


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。